葬式費用や弔い費用を負担に考える人が増えている中で

日本では長い間、火葬後に遺骨を収骨するのが通例でした。
これに対し、海外では遺骨を引き取らないのが基本です。
灰になった遺骨は火葬場にあるサンクチュアリにまくか、粉砕してパウダー状になったものを小さな容器に入れて持ち帰ります。
一方、日本では依然、遺骨が残るように火葬して、遺骨を収骨し、墓に納める方法が一般的です。
現代では代々、同じ家に子孫が住み続けるようなライフスタイルは崩壊し、地方で生まれた子供が成人してから都会に出てしまい、故郷に帰らないことが増えました。
つまり、都会の自宅近くには墓がないということになります。
だからといって、新しいお墓を建てるとかなり費用がかかってしまうのも事実です。
お葬式や弔い費用をあまりかけたくないという考えに基づき、墓を持たずにそのまま自宅で遺骨を保管するケースも増えています。
しかし、集合住宅などではこの自宅での遺骨の保管は問題となることもあります。
もし、遺骨をのこさない火葬と、遺骨や灰をひきとらないスタイルが定着すれば日本のお葬式をもっとシンプルなものにすることも可能です。
こうしたことから、火葬後の遺骨を葬儀場が引き取ってくれるサービズを行っているところもあります。