少し大きい葬式をするなら世話役代表が必要になる

通夜や葬式のスタイルは、喪主が決めることになります。
しかし、細かい進行は世話役代表にお願いしましょう。
喪主はあまり動き回らないようにすることです。
世話役代表は親族の中から選ばないといけないと思われています。
しかし、古くからの友人や会社の上司にお願いしても問題ありません。
しかし、世話役代表は喪家の内部事情をよく理解していないと務まらないです。
なので。
やはり親族の中から選んだ方がいいでしょう。
もちろん、親族なら誰でもいいと言うわけではありません。
雑事を引き受ける世話係の代表になるわけです。
統率力はもちろん、何事にも臨機応変に対応できる人でないといけません。
また、席次や焼香の順番を決められる人がいいので、葬式の知識もある程度必要になります。
となると、若い親族よりも年配の親族に依頼して方がいいでしょう。
遺族できちんと話し合って、社会的経験が豊富な人にお願いするのが無難と言うことを分かっておくことです。